本文へスキップ

埼玉県狭山市にある稲葉畳店は、日本国産畳材料の使用にこだわって新畳、表替え等、各種畳を直施工している畳専門店です。

埼玉、東京からのお問い合わせはTEL.0120-58-3385

〒350-1317 埼玉県狭山市水野467−2

新畳concept

弾力性があり、生活しやすい畳、日本国産稲わら100%使用した稲わら床

100%国産稲わらで作られた稲わら畳床

稲わらを原料にした畳床には調湿性、保温性など色々なメリットがあり、日本特有の高温多湿な気候と家屋に於いて最適な床材として使われてきました。近年では高断熱で気密性の高い住宅、四季を通して快適な家が盛んに建築されるようになり、機能性よりも施工価格やデザイン等に目が向けられるようになっていま。しかし耐久性や弾力性があり生活して快適な畳、をお求めのお施主様には、稲わら畳床の畳のをお薦めします。稲わら畳床には等級があり、上級品畳床と上質な畳表を組み合わせて施工した畳は高価ですが、使用して愛着を持ち、永く使えます。


現在一番普及されている畳床ダイケン畳床V型

化学畳床、建材畳床とも呼ばれます

現在一番普及している畳床で、建材畳とも呼ばれています。木質チップを圧縮して固めたインシュレーションボード(木質繊維板)とポリスチレンフォームを組み合わせて出来ている畳床です。軽くて扱いが楽な畳です。ダニなどの害虫の発生の心配が少なく、ダイケン和紙畳表等を組み合わせた場合にはさらにカビなどの発生の心配も少なくなります。工業製品ですので均一性に優れていますが使い心地はやや固く感じられます。


建築工法等の影響により畳の厚みも変化しています

化学畳床、建材畳床とも呼ばれます

現在の建築工法も多様化され、畳の厚みも多様になっています。そのため畳ボード(インシュレーションボード)、ポリスチレンフォームも多種類の厚みの製品が作られています。従い、和室の仕上げ厚みに合わせてミリ単位で仕上げることが出来ます。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

稲葉畳店

〒350-1317
埼玉県狭山市水野467−2
TEL.04-2958-3486
FAX.04-2956-3385