本文へスキップ

新畳・表替え・琉球畳・縁無し畳・置き畳・丸い形の縁無し畳・丸座等畳の事なら日本国産畳専門店稲葉畳店にお任せ下さい

電話でのお問い合わせは0120-58-3385

〒350-1317 埼玉県狭山市水野467−2

新畳・畳の土台である畳床は稲藁本畳床の場合仕上がり厚み30mm以上〜
木質建材畳床等は仕上がり厚み11mm以上〜施工出来ます。購入後長く使用する畳床選びは重要です。各畳床の機能性や快適性をご確認の上ご注文下さい
real estate

新畳のご注文時には畳の土台である畳床選びからできます

新築時などに和室を作ると一番大切なことは畳床選びです。畳床は表替え、裏返をするときには畳床は取り換えずにどんな畳を注文したら良いかお悩みではありませんか。とは言え新築やリフォーム時などでは和室の施工費とセットになっているためにあまりお施主様自ら畳を選ぶことは無いのが一般的になっていますが新畳の施工時の畳床選びで購入後の耐久性や機能性、快適性に差が出てくることです。

国産稲藁100%使用稲藁本畳床 畳の土台である畳床選びは重要です。畳は土台である畳床に畳表、畳縁を縫い付けて仕上げた床材です。畳表の張り替え等繰り返し行える耐久性に優れた畳床の使用をお勧めします。

国産稲藁100%を使用している稲藁本畳床

畳の土台である畳床は購入後、表替えや裏返し等メンテナンスをしながら数十年使用します。そのため畳床選びは重要です。最近の新築住宅、特にハウスメーカーなどの建物では構造仕様により従来の様に畳としての機能性を重視した畳の施工は減りつつあり、経済的、合理的に作られた畳の施工が主流になっております。保温性や弾力性、吸放湿性に優れている稲藁本畳床は「日本の気候に適した最適な床材」、「弾力性が有り赤ちゃんからお年寄りまでの生活に快適な床材」です。又、次世代まで残る家の畳の施工にも欠かせない床材です。

→美しい畳 角が丸まらない畳を次世代まで 板入れ畳はこちらへ

ダイケン健やかくん畳床2000エコ

木質繊維板を組み合わせた建材畳床(化学床)
ダイケン健やかくん畳床2000エコ

当店では建材畳床を使用する場合標準使用しています
現在、新畳の施工には、木質繊維板を使用し、繊維板を各仕上がり厚みに合わせ組み合わせた建材畳床、又は化学床と呼ばれる畳床が主に使用されています。均一性があり、ダニ等の害虫
の発生予防の効果が有りますので健康にも安心です。
建材畳床を使用した畳の「固い畳」の欠点を軽減するためクッション性のある不織布を使用しています。
当店では新畳、縁無し畳の施工に建材畳床を使用する場合、このタイプの畳床の使用を、お勧めしております。


一番普及している建材畳床材(化学床)

ダイケン畳床 V型

木質繊維板の間にポリスチレンフォームを挟んだ建材畳床 V型

一般的に一番普及している建材畳床
一般的に一番普及している畳床でダニ等の害虫の発生予防の他、保温効果効果もあります。又、稲藁畳床に比べて半分以下、2000エコ畳床の約3分の2の重量で軽いため、取扱いが楽です。自分で定期的に畳干しをする方にもお薦めです。頻繁に張り替えを行う住宅には不向きです。

ダイケン畳床 U型

マンション等コンクリート下地の直敷きに適したタイプ U型

耐久性に難があり一般住宅には不向き
ポリスチレンフォームが一番下にある為寒い時期の冷たいコンクリート下地との断熱効果、湿気対策にある程度効果が見込めます。
賃貸住宅等の張替えを頻繁に行う住宅には不向きです。