本文へスキップ

大分県産七島イを使用した本物琉球畳、国産目積表を使用した縁無し畳、新規製作、表替えは埼玉県狭山市ある稲葉畳店にお任せ下さい。

埼玉、東京からのお問い合わせはTEL.0120-58-3385

〒350-1317 埼玉県狭山市水野467−2

大分県産七島イを使用した琉球畳、国産目積表を使用した縁無し畳concept

琉球畳・茶の間やお子様の遊び場としておすすめです

本物の琉球畳には大分県産青表が使われます

琉球畳とは

琉球畳とは、大分県国東地方(日本国内唯一の生産地)で栽培されている七島イ表(大分青表)を畳床に巻き付けた畳のことです。畳ヘリは使いません。この大分七島イ表「大分青表」以外を使用して縁を着けずに仕上げた畳は、縁無し畳、と言うことになります。琉球畳、縁無し畳と言うと一般的に、縁の着いていない半畳の畳を市松模様に敷いて、見た目にきれいで、モダンな畳。をイメージしますが、この大分青表の魅力は、柔道場や呉服問屋などで使われていたように、丈夫さです。耐摩擦性に優れており、物を引きずる、擦れ、にその丈夫さを発揮します。又、曲げ強度でも丈夫です。育ち盛りのお子様の遊び場、家族みんなが集まる部屋に是非お使いいただきたい畳です。ただ、大分青表の生産量はごく限られていますので少々割高な商品ではありますが、天然製品で、丈夫で、お洒落な畳。経年変化した畳でもきれいな琉球畳。をご希望のお客様向きの畳です。少し話がそれますが、琉球畳と言うと、沖縄県で作られている丈夫な畳ござ。と連想される方に、沖縄県で限られた生産者が作る沖縄ビーグと呼ばれている丈夫な畳表があります。詳しくは→沖縄ビーグ畳へ


手仕事を大切にしています

手作業で正確な寸法の琉球畳、縁無し畳をお作り致します

手仕事を大切に

琉球畳の製作でも、手仕事を大切にしています。琉球畳、各種縁無し畳の製作は、畳床に直接畳表を巻き付けて仕上げるため、畳床の寸法、畳表を折り曲げる寸法を正確にすることでしっかりした琉球畳、縁無し畳に仕上がります。畳を敷き詰めて、畳周りに隙間がある、畳表が膨れているなどの場合には、この寸法がしっかりしていない、と言うことになります。琉球畳に限らず全ての畳製作に言えることですが、特に縁のない畳では、隙間があるとほこりなどが溜まりやすく不衛生に、畳表の膨れは歩いた時にフカフカして足触りが悪く感じられます。


縁無し畳

上が国産目積表です、通常の畳表の約半分の目幅です

縁無し畳・市松模様敷き

近年、和室以外に畳スペース等にでも、よく敷かれている畳になりました。よく使われている畳表は、目積表(めせきおもて)と呼ばれています。一般的な畳表の原料と同じ天然藺草を、通常の畳表の織目幅は約15ミリあるのに対して、この目積表は、約半分の7ミリ幅で製織されています。(通常の畳表の倍の経糸を使用して製織されています。)この目積表を使用した半畳の縁無し畳を、縦目方向と横目方向、交互に数枚敷き詰めると光の反射の影響の影響を受けて、2色の畳を組み合わせたような(光の反射の影響を受けた畳の見え方の錯覚です)、綺麗な市松模様が浮き上がります。そのため縁無し畳にするとモダンな部屋になり、人気があります。表替えの場合でも、傷んだ畳だけを選んで表替えをしても、全体的に違和感がないのも良いところです。

縁無し畳とは、大分青表以外の畳表を、縁を着けづに畳床に巻き付けて、縫い付けた畳全てが縁無し畳になります

色々な畳表で縁無し畳にできます

色々な畳表で縁無し畳が楽しめます。天然藺草を赤や、黒、緑に染めたカラー表、市松柄に織られた表等もお使いいただけます。薄畳の縁無し畳の施工、置き畳、表替えなどお気軽にお問い合わせください。最近では天然藺草表以外にも、和紙や樹脂製品の畳表もあります。天然製品の場合には柔らかな肌触りがあったり、工業製品には丈夫さや、豊富なカラーバリエイション等それぞれに特徴があります。畳の使い方や部屋の用途に合わせてお選び下さい。 詳しくは→和紙・樹脂畳へ

インテリア調縁無し畳、置き畳のご注文承っています。くわしくは→丸座畳


縁無し畳、市松模様敷き

shop info.縁無し畳、市松模様敷き

稲葉畳店

〒350-1317
埼玉県狭山市水野467−2
TEL.04-2958-3486
FAX.04-2956-3385