本文へスキップ

稲葉畳店では框板入れ畳など手縫い仕事による上級な畳の施工に積極的にご対応させていただいております。

埼玉、東京からのお問い合わせはTEL.0120-58-3385

〒350-1317 埼玉県狭山市水野467−2

框板入れ畳concept

框板入れ畳・角の丸まらない畳の施工いたします

頭板の曲取り、穴あけその後縫い付け、締め上げです

畳にもこだわってみませんか

数十年使用しても角の丸まらない畳の施工いたします。一枚の板の様に、角々がきちっとした畳が敷かれた和室に入ると気持ち良いですね。畳表を数年ごとの表替えで新しい畳表に取り替えますが、畳床はそのまま使用し、長く使います。そのため畳の框部分が丸まったり、へたって来たりします。もちろん表替え作業時の技術的なことも関係しますが、上質な畳表を使用すると框部分に力がかかり丸くなりがちになります。このような場合の対処法として、プラスチック製保護材もありますが、板で畳の寸法を出す方法とは異なるものです。框が丸まると隙間の原因にもなり、見た目も美しくありません。框部分がきちっとしている畳は四角がきちっとしていて和室を引き立てます。


框板入れ畳のご注文に、一生懸命お応えさせていただきます。

頭板を框に縫い付けて締め上げます

和室重視のご家庭にお勧めです

板の曲取りから穴あけ、縫い付け、締め上げ、寸法出しをしたのち畳表張り、畳ヘリ着け、框縫いで仕上がりですが、近年ではこのような手縫い仕事の注文が少なくなっております。しかし畳を数十年使用する間には、表替えなどの畳のメンテナンスを行い、手入れをしながら清々しい新鮮な和室を維持できます。和室での生活を重視して居られるご家庭では特に畳の状態に敏感なため、畳表の日焼け具合や、畳周りに隙間などがあると特に気になされます。框に板の入っている畳は角々がしっかりしていて、数十年使用している間に何度表替えをしても形が崩れることなくきちっとした畳であり続けます。


手縫い仕事の畳製作、お任せください

手縫いで仕上げます

畳框板入れ畳のご注文に、一生懸命お応えさせていただきます。

緩やかに退色してゆく過程も楽しめる畳です

備後表を使用して板入れ畳の施工させていただきました





緩やかに退色してゆく過程も楽しめる畳です棕櫚裏付き畳床、框板入れに、畳表、広島地草長髭本間(松山繁男さん生産)、畳ヘリ、本麻縁を使用した畳の施工をさせていただきました。1年後2年後と経年変化してしてゆく過程が楽しめる畳です。





板入れ畳の作業風景

shop info.板入れ畳の作業風景

稲葉畳店

〒350-1317
埼玉県狭山市水野467−2
TEL.04-2958-3486
FAX.04-2956-3385