本文へスキップ

新畳・表替え・琉球畳・縁無し畳・置き畳・丸い形の縁無し畳・丸座等畳の事なら日本国産畳専門店稲葉畳店にお任せ下さい

電話でのお問い合わせは0120-58-3385

〒350-1317 埼玉県狭山市水野467−2

広島県産本備後畳 ・中継ぎ表

広島県尾道で栽培された本備後畳表

「畳は備後」と言われていましたが最近ではすっかり忘れ去られてしまったような畳表です。
現在でも数件の農家さんで栽培されていますが価格はやや高価になっております。しかしその品質は高価でも価格以上に畳ライフを楽しませてくれます。備後畳表の特徴である銀鼠色した色調、地厚で丈夫、使い込まれながら変化する退色はゆっくりで、数年の後には美しい金色色に輝く畳表です。手織り中継ぎ表と言われる国産畳表のなかでも最高級表と言われるものもありますが、一般ご家庭ではほとんど使われることが無く織り職人も限られています。最近、広島産地では作付を増やす対策がされている様で、そのことが産地や業界で話題になりますが、何と言ってもこの畳表を使用した畳の施工を普及させなければ今度は全く栽培されずになくなってしまうのではないかと思っています。当店では上質な畳の表替え、新畳等の購入をご検討の際に是非備後畳表に触れてみてください。そして購入材料の1点として加えて戴きたいと思います。

広島県産本備後畳表に着いて

外観 内装1 内装2 内装3

框板入れ畳をお勧めします

本備後畳表を使用した新畳には標準施工いたします

地厚な本備後畳表を張っても畳の框が丸まることが無く板の様に角が綺麗に美しく仕上がります。
框板入れ畳について詳しくは→框板入れ畳