本文へスキップ

新畳・表替え・琉球畳・縁無し畳・置き畳・丸い形の縁無し畳・丸座等畳の事なら日本国産畳専門店稲葉畳店にお任せ下さい

電話でのお問い合わせは0120-58-3385

〒350-1317 埼玉県狭山市水野467−2

縁無し畳detail

熊本県産目積表を使用した上質な縁無し畳

縁無し畳は、畳床に畳表を巻き付けて仕上げるため、長い藺草を織り上げた幅の広い畳表を必要とします。簡単な説明ですと、関東間サイズの畳床に京間サイズの畳表を巻き付けるということになります。そのため縁無し畳の施工費は材料費が割高になる為に高めになります。
縁のない畳を敷き詰めた和室は、通常の和室に比べて、でスッキリした印象を受け、又半畳の大きさの縁無し畳を敷き詰めた和室では綺麗な市松模様が映し出され、スッキリしていて洒落た和室になります。一般的に縁の着いていない畳を琉球畳と呼ばれますが、目積表は通常の畳表と同じ藺草を原料にしています。琉球畳は七島イを原料にしています。原料の違いによる質感や丈夫さと言った品質の違いは比べるとはっきりとしています。昔から琉球畳は丈夫と言われ、その丈夫さを求める方に人気があります。本物の琉球畳をご希望のお客様はこちらをご覧ください。→琉球畳

目積(めせき)表とは
通常の畳表は引き目表と言われ、目幅が約15mmあります。それに対して目積表の目幅は約半分の7ミリです。
今お使いの敷かれている畳で、縦方向に敷かれた畳と横方向に敷かれている畳を見比べてみると、畳表の色が濃く見える畳と薄く見える畳がわかると思いますが、2色の畳表を使用しているわけではありません。その現象は、縦方向の畳と横方向の畳に当てられた光の反射の仕方が違うためです。目の細かい目積表は光の影響を受けやすいために、はっきりした色の違い(見た目の錯覚です)が有る様に見える為、半畳の縁無し畳を縦目と横目に敷き詰めた部屋は市松模様に写し出されます
当店では、熊本県で栽培された長くて上質な藺草を、麻と綿糸を経糸にした、しっかり製織された上質な目積表を標準使用しています。麻綿二本経糸で織られている目積表は織り目(山と谷目)がしっかりしており、踏み心地が良く、足裏に快適な刺激が感じ取れます。

熊本県産目積表、麻綿経糸織熊本県産目積表、有効巾106p、100p幅比較 縁無し畳を敷き詰めた和室 半畳の縁無し畳を敷き詰めた和室、市松模様敷き

縁無し畳には天然藺草製の畳表を使用した物の他に和紙を原料にした物や工業樹脂の製品で出来たものもあります。最近ではデザイン、カラーバリエイションも豊富に揃いお客様の好みや部屋の雰囲気に合わせて自由に選べるカラーインテリア畳の施工も増えています。詳しくはこちらへ→ダイケン和紙清流カラー縁無し畳

丸い形の縁無し畳も制作いたします。詳しくは→丸座畳