本文へスキップ

広島県産地草備後畳表を使用した新畳、表替えご対応させていただきます。埼玉県にある稲葉畳店

埼玉、東京からのお問い合わせはTEL.0120-58-3385

〒350-1317 埼玉県狭山市水野467−2

広島県産備後畳表/広島県産地草使用備後畳表・表替え・框板入れ畳の施工concept

国産最高級畳表、広島備後畳表

店内イメージ

日本国産畳表の中で一番最高の畳表と言われたら、この広島県地草を製織した備後畳表です。昔から畳表は備後と言われてきましたが、現在では輸入畳表が主流を占め、国産畳表でも熊本県など広島県以外の他県産藺草表が多くを占めております。しかし広島備後表の生産者、生産量は僅かではありますが、最高級と言われる理由があります。良質な藺草を地厚に織りあげているため、使用して丈夫で艶が出ます。備後表は、特に色変わりした後に、その畳の良さ、がお分かりいただけるものだと思います。備後表は(日当たりなどの条件もありますが)約1年かけて徐々に青みが抜け、その後飴色に変色し艶が増すと言われています。畳は青味がなくなり退色してからの方が長くお使いになります。退色後黒ずんだり、黒筋が浮いてくるようなことが無く、そのため備後畳表は、使うほどに美しい畳、金色(こんじき)に輝く畳と言われています。熊本県産藺草表にはQRコード入りタグが畳表に挿入されていますが、備後畳表でも厳しい品質検査があります。品質が証明された備後表には1枚1枚検査印が押されています。また広島県産地草で製織された備後表には生産者名の入った証紙が畳表に織り込まれています。当店では、お客様より、「上質な畳を購入して、大切に使いながら、変化する畳の色や質感を楽しみながら長く使いたい」のご希望に、色がさめにくく、長く自然な色艶があり、美しく丈夫な畳表である、藺草生産地広島、製織地広島、加工地広島と表示された備後表を特に選び、お客様にお勧めしております。当店では、畳表材料の仕入れにおいては、備後畳表を常時取り扱い、畳表に精通している広島県にある産地問屋様が仕入れた畳表を、消費地問屋様を介し、仕入れております。そのためどの畳表材料も、価格に見合った品質の畳表材料を取り揃えることを実現しています。同時に高価な高級品備後表ばかりではなく、普段ご注文いただいておりますお客様にも、備後表を選んでいただけます様、お求めやすい備後表をご用意いしています。新畳、畳入れ替え、表替えをご検討されているお客様是非備後畳をご用命ください。お問い合わせはお気軽に。


国産畳表の中で最高級畳表を使用する新畳施工のこだわり

証紙が織り込まれています備後畳表

施工させていただきました

東京都中央区新川、M様邸施工させていただきました201707吉日

東京都中央区新川 M様邸
201707
建築デザインを手掛けるお施主様よりご注文いただきました。

広島県産地草長髭本間使用した新規框板入れ畳で施工させていただきました。


框板入れ畳について詳しくは
こちらをご確認ください

→框板入れ畳


備後畳表

shop info.備後畳表

稲葉畳店

〒350-1317
埼玉県狭山市水野467−2
TEL.04-2958-3486
FAX.04-2956-3385